私のために争わないで…。3兄弟の熾烈なしもべ争奪戦。

兄には子供が3人いて、末っ子が今年2歳になりました。
半年前は絶賛人見知り中でおばちゃんにはなついてくれず、お兄ちゃん、お姉ちゃんと遊んでいるのを遠巻きに見ているだけでした。
しかし、大好きなお兄ちゃん、お姉ちゃんの忠実なしもべとして息を切らして遊びにつきあい、プレゼントやおやつを貢ぐ姿に思うところがあったのか、最近は私のことを「ちーたん」と呼んで笑いかけてくれるようになりました。
しかも、このちびちゃんてば、2歳児なのに坂口健太郎似なんですよ。ニコッと笑う顔がなんとも可愛らしくて、おば心にキュンキュンきます。
昔、すごく流行った演歌で「孫」ってあったじゃないですか。「なんでこんなに可愛いのかよ〜♪」っていう曲。もう、まさにアレです(笑)。
2歳くらいになると言葉のコミュニケーションもできるようになってくるし、遊んだりおしゃべりするのが私も楽しいんですよね。
そんな私を恨めしそうに見ているのが、甘えん坊のお兄ちゃん(10歳)と自由人のお姉ちゃん(6歳)。こちらとしては小さい子から目を離さず、彼らとも平等に遊んでいるつもりなのですが、どうも彼らはしもべを独り占めしなければ気が済まない様子。やっぱり男の子と女の子では遊びたいことが違うし、年齢差もあるので、ボール投げ一つとってもお互いが満足できる遊びにはなかなかならないんですよね。
最近ではちびちゃんも「ちーたん」は遊んでくれる人だということが分かったので、上の子と遊んでいると乱入してきて可愛い決めポーズで気を引こうとします。
そうなったら最後、三つ巴のしもべ争奪戦が勃発!しまいには拗ねるわケンカになるわで、あちこちで子供の泣き声が響くハメに…。
そんなに大好きになってくれてうれしいんだけど、おばちゃんはみんなと仲良くしたいんだよ〜!